新宿2丁目で働くFTM大和の日記

★女の身体で生まれ男の心で生きてきた。人生も折り返し手前でようやく治療を終え、今では立派に立ちションできるようになりました(笑)。そんな大和の日常(愛犬話)とお仕事日記★

いや焦ったΣ( ̄▽ ̄;))))

先日、出勤前に知らない番号から着信が入りました。
もしかしてお客さんかも知れないし、でも誰か分からないし、で、ちょっと不審げに「はい…」と一言で出る。
電話の向こうの声は女性、でも誰か分からない。
しかも「え?あれ?」とか、焦ってる感じ。
「もしもし?」と更に声をかけると、「●●さんの携帯ですか?」と、今度は本名を呼ばれた。
でも誰か分からない。
「そうですが…」と、不審な声のまま応える。
「えっ? ●●さん……●ちゃん?」
あだ名で呼ばれた。
ん? ということは知り合い?
「うん。…誰?」
電話の相手はかなり困っている。かなり焦っている。
何度も「誰?」って聞くのに応えてくれない。
少しそんな問答が続き、ようやく「●●ですけど…」って。

「──────、っ●●!?」

超焦った瞬間。
なんと、電話の相手は高校時代の親友だっっ!!

マジでテンパる。

「あ、ゴメンっ、どうしたん?」って、とりあえず関西弁に戻る。
向こうもようやく安心したらしく、「その声、どうしたん? オッサンが出たんか思てビックリしたやんっ」って………。

そりゃそうだ(-_-;)

地元の友人には誰一人としてカミングアウトしてないし、しかももう何年も会ってなかったはず……。

「あ、寝起きで、ご飯食べてて……」とか、意味の分からないいい訳(苦笑)

とりあえず間もなく出勤時間だから、改めてメールするね、と慌てて通話を切りました。
携帯を変えたという連絡だったんだけど、「いきなり電話してゴメンね、元気そうでよかった」と即行メールが来て、少し安堵。


罪悪感。
……ああ、もうホント、ちゃんと全部話さなきゃ。
近いうちにメールはする予定だけど、どこまで話せるのか…。
頑張ろうと、自分を勇気づけている現在です。



それとは別に、その少し前に、長年の友人にカミングアウトたんです。

大好きなグループのコンサート会場で出会ったのがきっかけだったんだけど、気づけば姉弟のような関係になっていて十数年、愛知と東京という遠い距離に住んでいるから滅多に会えないのに、全然会ってない気がしない、会えばいつでもずっと一緒にいたような気分になれる、不思議な関係の友達。

4月に久しぶりに話したいねってメールもらっていたんだど、声変わりした今、電話で話すのは無理だって思って、返信できないままでいたんです。
それが気にかかっていて、でも連絡しないわけにもいかないし、で、悩んだ末、カミングアウトする決意ができたのが6月に入ってからでした。

凄い長文のメールで、一生懸命自分のことを話しました。

すると即行電話が鳴って、恐る恐る出たら、彼女は明るい声で「話してくれて有難う、凄く嬉しくって涙が出たよ」って言ってくれた。

変わっていく自分を彼女は心より喜んでくれた。
ずっとずっと変わらず大好きだって言ってくれた。
永遠に姉弟のような関係でいられると、実感できて本当に嬉しかった。



こうやって、少しずつ勇気をもらって、少しずつ皆に話していけるようになりたい。


頑張ります↑↑



スポンサーサイト
筋トレ再開☆ | Home | 気持ちは安定v(^_^)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ