新宿2丁目で働くFTM大和の日記

★女の身体で生まれ男の心で生きてきた。人生も折り返し手前でようやく治療を終え、今では立派に立ちションできるようになりました(笑)。そんな大和の日常(愛犬話)とお仕事日記★

チ●コの尿事情(※真面目な話です!)

さて、治療に終わりは無いと前回書きまして、ホルモン摂取の話をしましたが、今度は未熟ながらも男性器の形になってくれた私の秘部について、不具合なところを書いていきましょう。

立ちションも問題なく、男性用の小便器で用を足すのがの最も楽な現状です。
しかし、術後4年と数ヶ月が過ぎ少々不具合も感じております。
尿道に残った残尿を出し切ることが困難なのです!(;>_<;)
もしかして尿道が狭くなってきているのかもしれません。
そうか加齢とともに筋力の衰え(出しきれていないこと)が原因なのかも…。

残念ながら私の近くに同じ手術をした人がいなく、あなたはどうですか?と当事者に聞くこともできないので、この話はあくまで私個人の話です。
私は術後最初に排尿で大苦戦した人ですから、それだけ排尿力に劣っている人なのだろうとも思います。
しかしそこには年齢も大きく関わっている気もします。
手術をした時既に38歳、そして現在42歳ですからね。
それでも少し前はそんなに感じなかった残尿感。
40代に入って身体の衰えを色々と感じてきた今、排尿の方でも少々大変な時があります。
残尿、頻尿などね。
多分一度で出しきれてないのだと自己判断しております。
たまにホースを握った時のような二筋に分かれて勢いを増す時もありますので、それは尿道が狭くなってくっついてしまって起こるものでしょう。

尿道が狭くなってきたのなら、カテーテルを入れて拡張するという方法があります。
それはいずれ医師と相談しようと思っています。
しかし、加齢に伴う筋力の衰えだけはどうしようもないですからね…。
鍛える、とかできるものじゃない気もするけど。
そこだけでなく、全身の筋力を維持していくことですかね、つまり健康体でいることが大切だと思います。

「前例」がないだけに不安もあります。
しかし、それ以上に私は今の身体になれたことに満足していますから。
気楽に構えて注意して、残りの人生を楽しく生きていきたいと思います(´∀`)
術前38年間の精神的苦痛に比べたらこれくらい(笑)ですよ!

そして今後、私がその「前例」になり、少しでもこれからの皆さんの参考になればと思いますので、また記録していきますね☆
スポンサーサイト
テーマ: GID-性同一性障害 | ジャンル: 心と身体
合格そしてスタート☆ | Home | 治療に終わりは無い

コメント

ミニオペした者です。
四十路の男性同様に、ミルキングして出し切ってます。
オペ後でなく、歳を増すごとに尿道に残尿が残るようになりました💦同じようにオペ後にもらったカテーテルで、ダイレーションしましたが、狭窄ではなかったようです。
といっても、内視鏡を入れたわけではないので。

2016/03/16 (Wed) 01:45 | 麦 #tHX44QXM | URL | 編集
Re: タイトルなし

コメント有難うございます。
ミルキングってどうやることを言うんですか?
無知ですみません💦
麦さんはオペ後にカテーテルもらったんですね!
私はもらってなくて術後入れたこともないので、実際に入れるの怖くて、チャレンジしたくないんですよね(´д`|||

2016/03/17 (Thu) 22:52 | 大和 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ