新宿2丁目で働くFTM大和の日記

★女の身体で生まれ男の心で生きてきた。人生も折り返し手前でようやく治療を終え、今では立派に立ちションできるようになりました(笑)。そんな大和の日常(愛犬話)とお仕事日記★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療に終わりは無い

性別適合手術を受けてから4年と数ヶ月が過ぎ、心身ともに安定した生活を送ることができるようになっています。
しかし、身も戸籍も男性になった今も、治療は続いております。
私は幸い、まだそこまで重大な問題に直面していませんが、たまに不調が生じ不安になることがあります。
今後、性別適合手術を受ける方、そしてまだ受けて間もない方に、少しでも役立つ情報となれば、と思い、今回はその辺を書いておこうと思います。

まず、子宮と卵巣を摘出したからこそ絶対に続けていかなければならないのがホルモン治療です。
生理が来なくなったんだからもうホルモン打たなくていいでしょ、と思ってしまう当事者が意外に多いことに驚かされます。
個人のホルモン量によって打つ頻度には差があると思いますが、全く打たなくなってしまうとホルモン不足による体調不良が必ず現れると思われます。
あまり知られていませんが生まれながらに男性の方でも、男性ホルモン不足による体調不良で男性ホルモン投与治療を受けることがあるくらい、体内のホルモンバランスは大切なものです。
私は自分にとって適度にバランスを保てる量を定期的に摂取していますが、先日、忙しさとタイミングの悪さが重なり通常の倍くらい打つ期間をあけてしまいました。
徐々にホルモンが足りなくなっていくことが経験から実感できます。
不調の症状は個人差が大きいようですが、私の場合ホルモン不足が頭痛の症状として現れます。
風邪をひいたときや肩こりで起こる頭痛とは感覚が違うので、すぐに分かるようになりました。
また、ホルモン不足による頭痛は鎮静剤などの頭痛薬が全く効きません。
ホルモン不足に気づかなくて限界に達した時の様子を術直後の記録で書いているので、気になる方は読み返してみてください。
今回はギリギリで摂取できたので、大事には至りませんでしたが、このまま打てなくなったらどうしようという恐怖は感じることになりました。
もし被災をしたり、何かの原因で男性ホルモンが手に入らなくなったりなどした場合、私たちはどうなるのだろう、と。
一時本当に危機が生じたときのことを思い出し不安が蘇りました。
内摘をしていなければ、男性ホルモンが打てなくなっても女性ホルモンを作れるのでホルモンバランス的には問題はありません。
怖いのは内摘後の話になります。
なので、あまりにも若いうちに内摘するのは長い将来のことを見据えて、ご本人がよく考えて決めていただきたいと思います。
今の時代、自身でいかようにも選択できるわけです。
私が20代だった20年前とは違います。私が30代だった10年前とも違います。
当事者にとっては今でも悩みは尽きないと思いますが、時代とともに様々な問題がクリアになり、確実に生きやすい社会になってきてはいるのです。
可能な限りはいつでも望む方向へ進める時代ですから、焦らずによく考えて、ご自分が一番楽に生きられる道を見つけてくださいね。
そしてきっとまた数年後には驚くほど医学が発達しているかもしれませんしね。

さて、不完全ながらも男性器となった私の秘部ですが(^_^;)
私は見た目も機能も満足しています。
が、やはり術後経年に生じる不安が出てはきていますよ…。
長くなったのでその話はまた次回にしますね。
スポンサーサイト
テーマ: GID-性同一性障害 | ジャンル: 心と身体
チ●コの尿事情(※真面目な話です!) | Home | 苦しいの無理なのよ私…(つд⊂)

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/09 (Wed) 19:43 | # | | 編集
Re: タイトルなし

コメント有難うございます。
術後すぐはそんな感じに見えることもあるかもしれません。
タマは徐々に下がっていくのですが、痛みがなくなってから私も自分で引っ張ったりしてたと思いますf(^^;
もしかしたら見せられた見本は私の写真かも知れないですしね(苦笑)
気になること不安なことは何でも先生に相談してくださいね!

2016/03/13 (Sun) 22:00 | 大和 #- | URL | 編集

先生に聞いたところ、やはり徐々に下がってくるとのことでした。
ただ、脂肪が少ないからあまり期待しない方がいいとT_T
見せられた写真は本当立派なタマタマだったんですけどね〜笑
気長に経過を見ていきます。なんだか元気が出ました!ありがとうございます!

2016/03/15 (Tue) 14:05 | h #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

少しでも気持ちが楽になれたなら良かったです♪
> 脂肪が少ないからあまり期待しない方がいい
と言うことは、脂肪を流し込んでタマにする術式だったのでしょうか?
私の時はシリコンボールを入れるか自身の脂肪で作るか選ぶかたちだったのですが、私は脂肪が全くなかったのでシリコンを入れてもらったんですよね。お陰でめちゃめちゃ痛かったんですがね…( ´_ゝ`)
何にせよ完璧と言うのはないと、理想通りにはいかなくて当たり前ですし、術前よりは全然いい!くらいプラスに考えていきましょう☆

2016/03/17 (Thu) 22:44 | 大和 #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/03/20 (Sun) 22:48 | # | | 編集
Re: タイトルなし

私は排尿痛は基本ないです。膀胱炎になった時に少しだけかな?(^_^;)
おしっこを出し切れないと膀胱炎になりやすいかも知れないので気をつけてください。
私の場合、術後はあまり感覚がなかったと思います。
痛みなども何か原因があるかもしれないのでちゃんと先生に相談してくださいね。

2016/03/21 (Mon) 23:38 | 大和 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。