新宿2丁目で働くFTM大和の日記

★女の身体で生まれ男の心で生きてきた。人生も折り返し手前でようやく治療を終え、今では立派に立ちションできるようになりました(笑)。そんな大和の日常(愛犬話)とお仕事日記★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オペ事故について、大切な話

最近、FTMの方々のブログに取り上げられているのを色々と目にしましたので、自分も書いておこうと思いました。

先月末、胸オペ後そのまま目を覚まさずにお亡くなりになるという不幸な事故がおこりました。
当日、噂話を聞いて胸騒ぎがしたのですが、翌日早朝、その方の彼女から連絡が来ました。
大変な衝撃、大変なショックでした。

この件について、あえてブログで触れることをしなかったのですが…、最近になって特に色々と騒がれているようだったので、少しだけ…。

先日アップした性別適合手術の体験談の最後に、FTMの皆さんへ…とメッセージを書いたのはまさに彼の事故があったからでした。

職業柄、先輩各所から歴代のFTMの方々の治療について沢山の経験談を聞いてきました。
そして自分自身、身をもって体験してきたことを伝えていきたいと思いました。
自分が治療を始めたのは33歳からです。そして全てが完了したのが38歳のときと、かなり遅いです。

自分の時代には何の知識もなかったし、インターネットもなかったし、自分は治療ができることすら知らないまま当たり前の苦痛を受け止めて30年以上も生きてきました。
今こんなに恵まれた世の中になって、医学もどんどん進んできて、日本もどんどんそれに対応してきて、随分苦しみが軽減されるご時世になっています。

だからこそ、若い皆さんが焦る必要は何一つないんです。
だからこそ、インターネットの情報に踊らされたりしないで下さい。

誰が書いたか分からないような記事や情報、誰もが簡単に調べることができる知識、全てが真実ではありません。
体験談も、それぞれ個人差があります。
一人一人体質も違えば年齢も違って、皆が皆、同じようにできるわけではないのです。
大切なのは、自分にとって一番ふさわしい方法。一番安全確実な方法を選ぶこと。

それは自分自身が直接病院に赴き、先生と直にお話しして、術歴、術方、成功例失敗例、全てを見聞きした上でよく考えて決めて欲しい。

オペに関しては命に関わってくる項目は術式よりもほぼ麻酔関係なのです。
一番重要で、一番難しいのが全身麻酔なのです。
自分はもう二度と全身麻酔はしたくないと思うほどの経験でした。

ですから、ちゃんとした麻酔科医の居る確実な設備のある病院を選ぶこと。
それを重要視して下さい。

後、胸オペでは全身麻酔は必要ありません。
局所麻酔で充分です。
起きたままの手術もでき、日帰り手術もできるのです。
自分はより安全性を考えて入院のある病院を選びました。
術中は怖いので眠らせてくれる手術法を選びました。
もちろん胸の局所麻酔がちゃんと効いたのを確認してから、眠らされました。

とにかく念には念を、確実に過度なほど気をつけてくれる病院を選びました。

それと同時に、大切なのは自身の体調管理です。
男の身体を手に入れたい、それなら煙草は絶対にやめましょう。
オペを失敗している人の確率として、大多数は煙草をやめてなかった人です。
ホルモン注射の打ち過ぎも危険です。
それなくても普通に適量を打っていても肝臓は悪くなるし、血だってどろどろになっていきます。
それを考慮して自分の身体を守る対処を怠らず、健康体で居続ける努力をしていかなければならないのです。
打ちすぎは無駄な上に体に悪いだけです。
ホルモンボケという言葉があるように、ホルモンの影響で物忘れが激しくなることもあります。
打ちすぎたホルモンはただの油として身体に悪影響を及ぼします。
髪は薄くなるし、顔や背中などにニキビができて肌も荒れます。
もちろん、手術前にはしばらくホルモン注射をやめなければなりません。

聞き知った話なのですが、筋肉増強剤という注射もあるそうで、これは相当に危険だという話です。
注意して下さい。

より男らしくなりたい、その気持ちは分かります。誰よりも分かります!!
でもそのせいで身体に負担をかけて命を短くしてしまっては意味がないでしょう?

確実な方法で無理なく治療を進めていけば、自然に変わっていきますから!!!!

もちろんそこにも個人差はあります。
決して他人と比べないように、自分は自分です。

かくいう自分なんか、どんなに頑張っても女にしか見えない外見で、治療を初めてからも変化が遅く、悔しい思いを沢山してきました。
せめて後10歳若ければ…と、どんなに思っても年齢を取り戻せるわけではなし、はっきり言ってどうしようもないことです。
今だって、ようやく男になって人生これから!!と思っています。
なのにもう人生の半分は終わっている年齢ですからね。
それでも、ここまでこられたことに感謝して残りの人生を楽しんで生きていきますよ。
こう見えていっぱい辛いこともあるんだ! でもでもあくまで前向きにね!!!!


亡くなった彼の、何の役にも立てなかったことが残念でなりません。
数回しか会ったことはないけれど、とってもいい子で、若いのにしっかり男に見えて、仲良しの彼女もいて、自分から見れば羨ましい限りだったのに…。
今はただ、心よりのご冥福をお祈りしています。
スポンサーサイト
テーマ: GID-性同一性障害 | ジャンル: 心と身体
モックでショータイム(笑) | Home | 戸籍変更に伴う手続き

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。