新宿2丁目で働くFTM大和の日記

★女の身体で生まれ男の心で生きてきた。人生も折り返し手前でようやく治療を終え、今では立派に立ちションできるようになりました(笑)。そんな大和の日常(愛犬話)とお仕事日記★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性別適合手術の体験談。その6(FTMの方へ伝えたいこと)

●最後の処置

術後一ヶ月を経て、ようやくカテーテルを外すことができました。
下腹部に穴をあけて直接尿道にさしてあったカテーテルを外す処置は半端なく痛かったです(>_<)
部分麻酔を打ってくれたみたいなんですが、全く効かないしっっ!!!!
器具を外して、お腹の穴を大きなホッチキスみたいなので塞ぐんですが、これがヤバ過ぎ…。
一撃一撃マジ痛すぎて絶叫。本気で気を失うかと思った………_l ̄l●lll
はい、病院中に響き渡る悲鳴でしたね。終わったときは全身汗だくでした。

しかしこれで全てが終わったんですよ!!
先生にもよく頑張ったと褒めてもらいました(´⊆`*)ゞ

実際に尿道延長したものの、どうしても排尿ができず玉と玉の間に穴をあけてそこからおしっこできるように再手術をした方もいらっしゃったとか……。
諦めなくて良かったね~と言われて、本当に!と肝が冷えました。

実際ね、今までの排尿と何が違うかって、尿道が長くなった分を「一度汲み上げてから出す」といった感覚なんですよ。
これは男性は幼少期から普通にやってることなので、意識されたことはないと思いますが、女性にしてみれば大変なことなんですね。
まずはその汲み上げるためのポンプを鍛えなければならない的な?
うまく説明できないですけど、とりあえず今まで勝手に出てたものを今度は出す努力をしなければならないみたいな感じかな??
人によっては意識せずに簡単にできちゃう人もいるんでしょうけどね。
自分は若くもないので、体力筋力的にも苦労したのかもしれないですね(^_^;)
小便なのに常に力みすぎて、あげく脱肛するという症状にも見舞われ、踏んだり蹴ったりでしたし…。
はい、肛門科のお世話にもなりました。

そしてカテーテルを外した一週間後、次は傷を止めたホッチキスを外す処置が待っていたのでした(>_<)
これまた一個一個が激痛で……、ホントにこれが最後の痛みでしたけど、病院に響き渡る悲鳴再びでしたね(苦笑)


●立ちションへの道

さて、長い道のりで無事に自力で排尿できるようにはなりましたが、試行錯誤はまだまだ続きます。
排尿後、尿道に残った分をどう最後まで出し切るか。
全部出たと思っても、まだ残っていたり…。
長さがない分、最後に振れないですからね。そこが困ったところですよ。
男性は用を足した後、ちゃんと振ってから下着にしまうんですよね。そうしないと下着を汚してしまうでしょ?
だからそこをどう処理するか…。
とりあえず最初は立ちションでも個室に入り、最後は紙で拭いて処理してました(-ω-;)
色々とやってみて、今では男性用小便器でも無事に用を足せるようになりましたが、未だ個室利用の方が多いかなぁ。
なんか心配で(苦笑)

でもようやく、ここまで来ました。
苦しく長い道のりとなりましたが、今のこの身体が自分にとって驚くほど自然で、今は満足しています。
改造した不自然な身体のはずなのにね(´-ω-`;)ゞ


●最後に

自分がこの手術を受ける決意をするとき、先生に言われた言葉を思い出しました。
「内摘までで充分じゃない?この先の手術は大変だよ~。内摘すれば戸籍も変えられるんだし、皆ほとんどがそうだよ。ホントに大変だから無理しなくてもいいと思う。料金も高いんだしね。とりあえず内摘までやっといて、後々どうするか考えてもいいんだから」
…確かに、ごもっともな意見でした。
特に自分は人一倍痛みに弱く、恐がりで大げさで、胸オペのときにもお世話になっているので先生もよく承知の上でのアドバイスでしたでしょう(笑)
それでも、自分にとっては内摘まで、というのは意味がないことだったのです。
だったらやらなくていいくらいに。

人によって感じ方や考え方も違うので、あくまで「自分にとっては」です。

自分にとって何が一番苦痛だったかというと、それは自分に女性器がある、ということだったんです。
どうしても自分の身体に女性器があることが気持ち悪くて受け入れられなくて、触れないし見られない、自身のブラックホール的な部分だったんですよね。。゛(ノ><)ノ ヒィ
だから戸籍を変える、ということよりも重要だったことが、性器の形を変えること、だったんです。

そして今、男性器としては未熟な物であるかと思いますが、もう女性器ではなくなったという事実だけで、長年の精神的苦痛から解放されました。
このために怖いことも痛いことも辛いことも全て乗り越えられました。
今は感謝の気持ちで一杯です。
自分をここまで導いて下さった方々、手がけて下さった先生方、そして協力して支えて下さった皆様に、心より有難うを伝えたいです。

しかし、ここが決してゴールではありません。

ようやく生まれ変わった自分。今後は精神面を磨き、より男としての責任を持って生きていくために、精進していこうと思っております。
一人前の男としては、まだまだ未熟者ですからねm(_ _)m


FTMの皆さんへ。
何も偉そうなことが言える立場ではないのですが、これからの方に、少しでも参考になればいいと思って自分の経験を綴りました。
皆さんそれぞれが自分の考え、自分のペースで進めていって下さい。
他人と比べることではないので、あくまで自分自身と相談して、無理なく焦らず確実に一歩一歩進めばいいのです。
決して無茶だけはしないで下さい。
甘い話には落とし穴がある。
お金も時間もかかるのは当たり前だから!

また、治療は身体に負担をかけるものです。
そのことを常に頭に置いて、決して自分だけは大丈夫などと思わずに、自身の体調への注意を怠らないで下さいね。

かくいう自分も、片側の卵巣だけがこぶし大に腫れ上がっていたそうで、術後検査に回されました。
これも摘出するまで分からなかった症状なので、驚きました。
幸い大事には至りませんでしたが、今後もいつ何があるか分かりませんから、健康には充分に気をつけていこうと思っています。

たった一度の人生ですから!!
謳歌していきましょうよヽ(*´∀`)ノ



<切ない独り言>後はホント、素敵な女性との出逢いだけ………(寂´TωT`、)ショボボボーン↓↓



長々とお読み頂き、有難うございましたm(_ _)m

スポンサーサイト
テーマ: GID-性同一性障害 | ジャンル: 心と身体
取材 | Home | パーティー終了☆

コメント

No title

僕も今年の2月に同じ病院で同じ手術を受けました。
術前から大和さんのブログを読ませていただき、とても参考になりました!

いまだに少し尿漏れしてますが(笑)、なんとか立ちションできるまでになりました。
これからも楽しくブログ読ませていただきますね^^

2012/06/11 (Mon) 14:12 | ライト #- | URL | 編集
No title

コメント有難うございます。
自分のブログで少しでも参考になっていれば幸いです。

ちょうど一番苦しい時期を超えられた頃ですよね。
お疲れ様です。

尿漏れ、大変~。ちゃんと先生に見てもらって下さいね!

2012/06/16 (Sat) 21:55 | 大和 #- | URL | 編集
はじめまして

メールを送りたかったのですが、わからずコメントで失礼致します。

近々、ヤマトさんと同じ所でミニ○ニス形成をしようかと考えております。

お腹のホチキス痛いようですが…
内摘も同時に行ったからでしょうか?

ご返信頂けたらと思います!
宜しくお願い致します。

2013/11/15 (Fri) 17:39 | しん #- | URL | 編集
一難去ってまた一難

47にしてやっと自分のからだになりました。

SRS後ようやく1ヶ月が立ちました。が!立ちションが噴水状態⤵️これって、どーですか?コツですか?治りますか?尿道口見てもらったほうがいいですか?

2014/10/11 (Sat) 19:14 | やっとかめ #4jeLTJQM | URL | 編集
Re: はじめまして

ごめんなさいっ!コメント返せてなかったですね(>_<)
もう手術は無事に終わられたでしょうか?
ホチキスは誰がやっても痛いでしょう?
お腹に直接針打つんですから~Σ(゚д゚lll)
ご無事をお祈りしております。

2014/11/03 (Mon) 04:48 | 大和 #- | URL | 編集
Re: 一難去ってまた一難

噴水になるのは尿道が狭まってるからだと思いますよ!
病院で見てもらってください(>_<)

2014/11/03 (Mon) 04:49 | 大和 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。