新宿2丁目で働くFTM大和の日記

★女の身体で生まれ男の心で生きてきた。人生も折り返し手前でようやく治療を終え、今では立派に立ちションできるようになりました(笑)。そんな大和の日常(愛犬話)とお仕事日記★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初体験

大学病院に行ってきました。
常に町医者しか行かないので全てに勝手が分からずアタフタしちゃいました(・Θ・;)

最初に受付。
初診窓口に行って下さいって、紹介された歯科でもらった案内書には書いてあったのに、紹介者専用窓口が別にあったし…。
窓口で番号札を持って待ってて下さいと言われ、大人しく待ってると、呼ばれたときに初診の申し込み書を記入したか聞かれ…、ってかまずそれ聞いてないし(-_-;ウーン
またそれを書きに戻されて、書き終えてようやく受付。

次にカルテを作りますので呼ばれるまで待って下さいって…またしばらく待たされ、呼ばれたとき既に来てから1時間は経ってましたね。

そこでやっと2階の口腔外科の受付に案内されました。
今度はレントゲン写真を歯科から渡されていなかった為、地下1階の放射線科に回されて、昨日撮ったレントゲンを再び撮られる(-゛-メ)

そしてまた2階に戻って、口腔外科の待合室で更に30分ほど待たされて…、診察室に呼ばれて治療椅子に座らされてさらに待つ。

研修医みたいな若者が来て、問診表に書いたことと同じ項目を口頭でも確認され、無言で口の中を見て顎や首も触って確認作業を行う。痛いと言ってもお構いなしだしε=(>ε<)

やがてようやく医師の登場。
研修医が書いたカルテを一瞥して、口の中を覗く。

「簡単なよくあるパターンだから皆も見て」と研修医達を周りに立たせ説明が始まる。

ようするに、
「親知らずを抜いた後の歯茎が浮いていて、間に歯ブラシの先やゴミが入って傷が着くから気をつけて。今後そこに歯ブラシを当てないように、と消毒液を朝晩塗って下さい。それで二週間様子を見て治らなかったら電気メスで歯茎を切ります」
以上。


医師の診察は一瞬で終了。


…歯科でしてくれたのと何が違うの?
検査って何かしました??
大学病院に来た意味が分からない…_l ̄l●lll


結果、なんか腑に落ちないし。
また1階にもどり会計窓口で受付をして番号を渡され、呼ばれるまで待つ。
呼ばれると自動精算器に並んで会計して、処方箋を持って駐車場へ…。

病院で機械を通してもらってなお300円の駐車場代がかかり、トータル3時間くらいでようやく帰路につけました。


帰り途中に薬局に寄って薬をもらって帰宅。
マジ疲れて、シャワー浴びてすぐマッサージに行きましたとさ。



ホント疲れた休日だったわ~(≧ヘ≦)
スポンサーサイト
テーマ: GID-性同一性障害 | ジャンル: 心と身体
凄い!! | Home | やるせない…

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。