新宿2丁目で働くFTM大和の日記

★女の身体で生まれ男の心で生きてきた。人生も折り返し手前でようやく治療を終え、今では立派に立ちションできるようになりました(笑)。そんな大和の日常(愛犬話)とお仕事日記★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま☆ そしてご報告(^^ゞ

先ほど、関西から東京に戻りました。
今日はのんびり昼の高速バスで快適に(笑)
自分は新幹線より昼のバスのほうが好きなんですよ、くつろげるから。
でも時間は3倍くらいかかるので急ぎの時は使えませんけどね(^^;)

さて、早速ですが結果報告。
両親にカミングアウトしてきました☆

なかなかに勇気が要りましたが、うちの親って、やっぱうちの親だなぁって感じで。
FTMだというのは具体的に考えもしていなかったそうですが、昔から男みたいな子だったし、娘じゃなくて息子だったと聞かされても、「あ、そう…」みたいな反応で(苦笑)

しかも母親に「お腹にいるときアンタは絶対に男の子だって言われてたのよ。でも出てきたら女の子だったからお医者さんと看護婦さんと一緒にビックリしたの」という自分の出生記録を聞かされて(笑)

うん、確かに昔そんな話を聞かされてました。
母親的には冗談で、だったけど、自分があまりに男の子っぽかったから「アンタは大事なモノを忘れて来ちゃったのね」と、よくσ(^◇^;)。。。

いやでも、男っぽい変わった娘だとは思っていたそうですが、本当に男だとは思ってもいなかったらしく、さすがに衝撃を受けてはいたんだと思います。
でも自分はまだ外見に変化がないので「これから見た目も男に変わるからね」と言ってもピンと来ていないというか、よく分かってない感じかな。

しかし否定はされなかったし、普通に受け入れてくれたので、嬉しかったです。
2年前に亡くなった祖父の形見分けで父親がもらっていたスーツやら喪服やら持たせてくれたし、父親の靴やらコートやら革パンやらジャケットやら、何やら沢山もらってしまった(^^ゞ
祖父も父も自分も体型が似ていたのがラッキーでした♪

兄には言えなかったな…。
凄く可愛がってくれたし、「うちの弟です」とか冗談ではよく口にしてたけど、やっぱ妹として大切にしてくれてるから。
また本当に外見が変わったときに、男兄弟としてちゃんと向き合いたいと思います。
基本、周りが呆れるくらい仲良しな兄弟だから、大丈夫だと思う。

そして久しぶりに会いに行った祖母は、他の女孫達と比べて「アンタも女の子なのに…」と色々心配してくれてたけど、自分が男だって言えないまま「頑張って生きるからね」とだけ伝えてきました。

早く中途半端な自分から脱出したい。
ちゃんと男として立派に生きていけるよう、頑張っていこうと、改めて決意しました。

両親も祖母も願いは一緒なんだと思う。
自分が男でも女でも、立派に独り立ちして幸せに生きていくこと。
それを願ってくれてるから、そうあれるよう自分も頑張ります。

スポンサーサイト
臨時出勤σ(^◇^;)。。。 | Home | お知らせ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。