新宿2丁目で働くFTM大和の日記

★女の身体で生まれ男の心で生きてきた。人生も折り返し手前でようやく治療を終え、今では立派に立ちションできるようになりました(笑)。そんな大和の日常(愛犬話)とお仕事日記★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊急事態(;´Д`)

実は私、今月頭に救急搬送され緊急手術を受け、そのまま入院していました(>_<)
20170424_114830.jpg
昨年の検査で胆石があることは分かっていたのですが、悪さをしなければ問題ないということで放置していたものが、1年経って胆管に落ちて詰まってしまい死にかけた、ということでした(-_-;)

元々、胃痛持ちなので今回も胃痙攣だと思って急激な激痛に耐え続けて四時間。
これはさすがに死ぬかもしれないと思って、自ら救急車を呼びました。

実はその前に胃のクリニックに電話して「胃痙攣だと思うんですけど死ぬほど痛いです」と相談したんです。
そしたらたまたま担当医が休みで、こちらでは対応できないので救急車を呼んでくださいと言われたんですよね。

実際に胃ではなかったので、本当に救急車を呼んで大きな病院に運ばれて正解でした!!
20170424_114831.jpg
すぐに胃の痛み止を点滴されて、それでも痛みは収まらず、胃腸科の医師が来て胃潰瘍かもしれないと話され検査して、それも違うっぽいとなり。
今度は造影材を入れてCT するから承諾書かいてって言われて、こっちは痛みと戦いながらの検査検査…。
そこでやっと坦道に石が詰まっていることが分かり、今度はすぐに消化器科の医師が来ました。

消化液が流れなくなって逆流しているので肝臓の数値が大変なことになってます。
すぐに手術しないと後48時間で死にますよ、と医師に言われたんですが、本人全く実感がなくて、手術が怖くて嫌がっちゃったし💦

意識があるまま手術するとの説明を受けて怖くて、なかなか心が決まらなかったけど、根気よく医師に諭された末、緊急手術となりました。

とりあえずの救命処置だったんですが、無事に成功し、入院で経過を見て今は気を付けていれば問題なく生活できるようになったので一時退院できました!

しかし、詰まっているところに管を入れて消化液が流れるようにしただけの緊急処置なので、近いうち改めてちゃんと石を取る手術をしなければなりません。

そんな現状です(´゚ω゚`)

次の手術までは仕事にも復帰しているので、皆様どうかお見舞いがてら会いに来てやって下さい~(*T^T)

普段通り水曜~土曜に出勤してます☆


余談ですが、ちゃんとした病院に入院したのは初めてで、ベッドの使い方も知らなかった!
入院三日後、少し元気になってからやっとリモコンを見つけ、電動で動くのだと知りました(苦笑)
20170424_114832.jpg
いちばん辛いときに使いたかったし~!!(笑)

スポンサーサイト
テーマ: GID-性同一性障害 | ジャンル: 心と身体
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。