新宿2丁目で働くFTM大和の日記

★女の身体で生まれ男の心で生きてきた。人生も折り返し手前でようやく治療を終え、今では立派に立ちションできるようになりました(笑)。そんな大和の日常(愛犬話)とお仕事日記★

激痛タマさん診察結果

病院に行って参りました!問題のタマさん検診に(´c_,`lll)
お騒がせしましたが結果として、「問題はない」らしいです。
そもそも構造上の問題で、タマを固定してある部分が固めの素材でできていて、その角がデッドスポットに入ると激痛が走る!!ということ。中でかなり動くので固定が外れている可能性はあるらしいですが、それは特に問題はないので自分で動かして痛くないポジションに収めるしか対処法はないと…。
頭痛や腰痛のように痛み止を常備して対応しろとのことですわ(-o-;)
つまりどうしても我慢できないようだったらタマさんを取るしかないってことです(;つД`)
それは嫌~💦💦
なので頑張って対処していきます!
一生お付き合いしていく大切な体の一部ですからね(*`・ω・)ゞ

スポンサーサイト
テーマ: GID-性同一性障害 | ジャンル: 心と身体

左タマさん危険信号!

緊急事態…💦
手術から四年半近くとなった私の股間、左タマさんに異常発生!
明らかに異物感があり触ると塊のようなものが中で動いていて付け根に刺さる感じで、三日前くらいから痛みを発しております。
慌てて病院に電話するも、次ぎに先生が東京に来るのは30日。
すぐに予約を入れてもらったものの痛みは継続中だし不安で、その日の夜には先生の携帯に直接連絡しました。
留守電になったので伝言を入れておくと夜中に先生が連絡をくれて、「とりあえずそっとして抗生物質を飲んで経過を見よう」と言われ、翌日に近くのお世話になっている病院で事情を話し薬をもらいました。
その日は薬を飲んで仕事。
一晩仕事をすると朝方には痛みが増して気分が悪くなりましたが、少し休んだら落ち着きました。
帰宅して安静にして寝て起きると痛みは軽減されるようです。
とにかく不安です~Σ(´д`;)
でもお忙しい先生が診察や手術の合間に連絡をくれて心配で様子を聞いてきてくれるので、それは本当に心強いです((T_T))
さっきも現状を見せてと言われ患部の写真を送りました。
でも、見た目には問題ない気がする…。
触らないと分からない感じ。

あータマさん取り替え手術が必要かなぁ…、なくなるのだけは嫌だしなぁ…。

凹みつつ今夜もお仕事に向かいます~。
気を紛らせておかないと気にしすぎて辛いしね(´c_,`lll)
昨日辛かったから今日は無理しないように気を付けよう!
テーマ: GID-性同一性障害 | ジャンル: 心と身体

合格のお祝いに♪

同伴で北海道料理の居酒屋さんに連れてってもらいましたヾ(*´∀`*)ノ
20160318_205541.jpg
初めて食べたラーメンサラダ、不思議な感じで美味しかった!
冷やし中華みたいな感じ(笑)
ザンギも懐かしい味のからあげ☆
その他もろもろ美味しくいただきました~(*´ω`*)
お腹いっぱい幸せいっぱい有難うございました♪


合格そしてスタート☆

2013-02-20-201603.jpg
なんとか無事にプロとしてお仕事させてもらえる資格をいただきました(;´∀`)=3
無料出張トレーニングさせていただいたお客様からも正式にトレーニングのご依頼を頂き嬉しい限りです♪
4月から正式にトレーナーとしてのお仕事を開始します☆
同時にペットシッターのお仕事もお受けする予定でおります。
愛犬のことでお悩みがある方、トレーニングをご希望くださる方、是非ご連絡ください。
コメント欄に連絡先とご依頼の書き込みをくださればこちらからご連絡致しますヽ(*´∀`)ノ
※コメントは自動公開しませんのでご安心ください。(出張できる範囲は都内近郊に限られます)

勿論まずはモックに飲みに来てご相談下さっても大丈夫です!
トレーナーの仕事を始めてもモックにもちゃんと出勤しますので、そちらもご安心を~(笑)

チ●コの尿事情(※真面目な話です!)

さて、治療に終わりは無いと前回書きまして、ホルモン摂取の話をしましたが、今度は未熟ながらも男性器の形になってくれた私の秘部について、不具合なところを書いていきましょう。

立ちションも問題なく、男性用の小便器で用を足すのがの最も楽な現状です。
しかし、術後4年と数ヶ月が過ぎ少々不具合も感じております。
尿道に残った残尿を出し切ることが困難なのです!(;>_<;)
もしかして尿道が狭くなってきているのかもしれません。
そうか加齢とともに筋力の衰え(出しきれていないこと)が原因なのかも…。

残念ながら私の近くに同じ手術をした人がいなく、あなたはどうですか?と当事者に聞くこともできないので、この話はあくまで私個人の話です。
私は術後最初に排尿で大苦戦した人ですから、それだけ排尿力に劣っている人なのだろうとも思います。
しかしそこには年齢も大きく関わっている気もします。
手術をした時既に38歳、そして現在42歳ですからね。
それでも少し前はそんなに感じなかった残尿感。
40代に入って身体の衰えを色々と感じてきた今、排尿の方でも少々大変な時があります。
残尿、頻尿などね。
多分一度で出しきれてないのだと自己判断しております。
たまにホースを握った時のような二筋に分かれて勢いを増す時もありますので、それは尿道が狭くなってくっついてしまって起こるものでしょう。

尿道が狭くなってきたのなら、カテーテルを入れて拡張するという方法があります。
それはいずれ医師と相談しようと思っています。
しかし、加齢に伴う筋力の衰えだけはどうしようもないですからね…。
鍛える、とかできるものじゃない気もするけど。
そこだけでなく、全身の筋力を維持していくことですかね、つまり健康体でいることが大切だと思います。

「前例」がないだけに不安もあります。
しかし、それ以上に私は今の身体になれたことに満足していますから。
気楽に構えて注意して、残りの人生を楽しく生きていきたいと思います(´∀`)
術前38年間の精神的苦痛に比べたらこれくらい(笑)ですよ!

そして今後、私がその「前例」になり、少しでもこれからの皆さんの参考になればと思いますので、また記録していきますね☆
テーマ: GID-性同一性障害 | ジャンル: 心と身体

治療に終わりは無い

性別適合手術を受けてから4年と数ヶ月が過ぎ、心身ともに安定した生活を送ることができるようになっています。
しかし、身も戸籍も男性になった今も、治療は続いております。
私は幸い、まだそこまで重大な問題に直面していませんが、たまに不調が生じ不安になることがあります。
今後、性別適合手術を受ける方、そしてまだ受けて間もない方に、少しでも役立つ情報となれば、と思い、今回はその辺を書いておこうと思います。

まず、子宮と卵巣を摘出したからこそ絶対に続けていかなければならないのがホルモン治療です。
生理が来なくなったんだからもうホルモン打たなくていいでしょ、と思ってしまう当事者が意外に多いことに驚かされます。
個人のホルモン量によって打つ頻度には差があると思いますが、全く打たなくなってしまうとホルモン不足による体調不良が必ず現れると思われます。
あまり知られていませんが生まれながらに男性の方でも、男性ホルモン不足による体調不良で男性ホルモン投与治療を受けることがあるくらい、体内のホルモンバランスは大切なものです。
私は自分にとって適度にバランスを保てる量を定期的に摂取していますが、先日、忙しさとタイミングの悪さが重なり通常の倍くらい打つ期間をあけてしまいました。
徐々にホルモンが足りなくなっていくことが経験から実感できます。
不調の症状は個人差が大きいようですが、私の場合ホルモン不足が頭痛の症状として現れます。
風邪をひいたときや肩こりで起こる頭痛とは感覚が違うので、すぐに分かるようになりました。
また、ホルモン不足による頭痛は鎮静剤などの頭痛薬が全く効きません。
ホルモン不足に気づかなくて限界に達した時の様子を術直後の記録で書いているので、気になる方は読み返してみてください。
今回はギリギリで摂取できたので、大事には至りませんでしたが、このまま打てなくなったらどうしようという恐怖は感じることになりました。
もし被災をしたり、何かの原因で男性ホルモンが手に入らなくなったりなどした場合、私たちはどうなるのだろう、と。
一時本当に危機が生じたときのことを思い出し不安が蘇りました。
内摘をしていなければ、男性ホルモンが打てなくなっても女性ホルモンを作れるのでホルモンバランス的には問題はありません。
怖いのは内摘後の話になります。
なので、あまりにも若いうちに内摘するのは長い将来のことを見据えて、ご本人がよく考えて決めていただきたいと思います。
今の時代、自身でいかようにも選択できるわけです。
私が20代だった20年前とは違います。私が30代だった10年前とも違います。
当事者にとっては今でも悩みは尽きないと思いますが、時代とともに様々な問題がクリアになり、確実に生きやすい社会になってきてはいるのです。
可能な限りはいつでも望む方向へ進める時代ですから、焦らずによく考えて、ご自分が一番楽に生きられる道を見つけてくださいね。
そしてきっとまた数年後には驚くほど医学が発達しているかもしれませんしね。

さて、不完全ながらも男性器となった私の秘部ですが(^_^;)
私は見た目も機能も満足しています。
が、やはり術後経年に生じる不安が出てはきていますよ…。
長くなったのでその話はまた次回にしますね。
テーマ: GID-性同一性障害 | ジャンル: 心と身体
このページのトップへ